经络全书

原序 凡例

前编·分野

一、〔巅顶〕 二、〔头〕 三、〔囟〕 四、〔额〕 五、〔头角〕 六、〔枕骨〕 七、〔颁〕 八、〔HT〕 九、〔面〕 十、〔眉〕 十一、〔目〕 十二、〔目睛〕 十三、〔瞳子〕 十四、〔目眶〕 十五、〔目内〕 十六、〔目锐〕 十七、〔〕 十八、〔鼻〕 十九、〔〕 二十、〔颊〕 二十一、〔耳〕 二十二、〔曲颊〕 二十三、〔颐〕 二十四、〔人中〕 二十五、〔口〕 二十六、〔唇〕 二十七、〔齿〕 二十八、〔舌〕 二十九、〔〕 三十、〔项〕 三十一、〔咽〕 三十二、〔喉〕 三十三、〔人迎〕 三十四、〔肩端〕 三十五、〔〕 三十六、〔〕 三十七、〔肘〕 三十八、〔臂〕 三十九、〔气口〕 四十、〔掌锐骨〕 四十一、〔手掌〕 四十二、〔虎口〕 四十三、〔鱼〕 四十四、〔指〕 四十五、〔大〕 四十六、〔缺盆〕 四十七、〔背〕 四十八、〔脊) 四十九、〔胂〕 五十、〔胸〕 五十一、〔膻中) 五十二、〔〕 五十三、〔乳〕 五十四、〔虚里〕 五十五、〔腋〕 五十六、〔腹〕 五十七、〔胁肋〕 五十八、〔季胁〕 五十九、〔〕 六十、〔腰〕 六十一、〔命门〕 六十二、〔脐〕 六十三、〔少腹〕 六十四、〔髋〕 六十五、〔髀枢〕 六十六、〔楗骨〕 六十七、〔毛际〕 六十八、〔阴器〕 六十九、〔阴囊〕 七十、〔睾〕 七十一、〔〕 七十二、〔尻〕 七十三、〔魄门〕 七十四、〔纂间〕 七十五、(髀〕 七十六、〔股〕 七十七、〔膝〕 七十八、〔膑〕 七十九、〔〕 八十、〔〕 八十一、〔〕 八十二、〔内踝〕 八十三、〔外踝〕 八十四、〔跗〕 八十五、〔太溪〕 八十六、〔足心〕 八十七、〔踵〕 八十八、〔趾〕

后编·枢要

原病篇第一 阴阳篇第二 脏腑篇第三 营卫篇第四 经络篇第五 常经篇第六

后编·枢要\常经篇第六

一、〔肺〕 二、〔大肠〕 三、〔胃〕 四、〔脾〕 五、〔心〕 六、〔小肠〕 七、〔膀胱〕 八、〔肾〕 九、〔心包〕 十、〔三焦〕 十一、〔胆〕 十二、〔肝〕

后编·枢要\奇经篇第七

一、〔督〕 二、〔任〕 三、〔冲〕 四、〔带〕 五、〔阳跷〕 六、〔阴跷〕 七、〔阳维〕 八、〔阴维〕

后编·枢要

人迎气口篇第八 三部篇第九 诊脉篇第十 清浊篇第十一 虚实篇第十二 客感篇第十三 传变篇第十四

合刻二书后跋

合刻二书后跋
《经络全书》 明·万历四年 沈子禄、徐师曾撰 公元1576年
返回顶部